大人の視力低下

昨今20年間で、世の中の情報化社会は、一変しました。 テレビ時代から、ゲーム到来、そしてスマートフォンやパソコンは、未成年者より一人1台を持ち、普段から近くを見ること、眩しいライトを浴びていることなどが増えてきました。 単に近視という事ではなく片眼視(どちらかの目で見ていること)、視力の左右差、乱視、すでに眼病を併発している方も増えています。 そして、今までの視力低下の常識は、近視は、20歳くらいまでで止まると言われていましたが、スマホを見ることが多くなった現代では、50歳以上でも近視の進行は良く見られます。 ビジョンサロンにおいても、30歳以降から急に近視が進んだ方が多くいらっしゃいます。 目は、「入れ歯」とは異なり、代わるものはありません。 100歳まで生きる現代人の健康な視力でいることは、人生を豊かにする一歩です。 視力低下の症状を、放置せず、見えにくいと感じたら気軽にご相談ください。

視力低下はなぜおこる?

視力低下の原因は?

  • 生活習慣によるもの
  • 遺伝
  • 加齢によるもの
  • 眼病や内科的疾患 など

現代人に起こりやすい視力低下の原因は?

  • スマホ・パソコンの使用や読書による目の酷使
  • ストレスや姿勢等の普段の生活環境
  • 適切な処方がされていないメガネやコンタクトレンズの使用
  • 寝不足・寝る前にスマホやテレビを見ることが多い
  • ドライアイ
  • 屈折異常(近視遠視乱視弱視
  • 両眼視機能異常(斜視・調節機能低下・左右不同視)

近年、視機能低下が増加

スマートフォンやパソコンなどの長時間の使用やデスクワークによる姿勢変化により、両眼視機能の低下や異常がみられることが多くなってきています。

こんな症状ありますか?

遠くが見えにくい
二重に見える・かすむ
近視がどんどん進んでいる
近くが見えない
目が乾く
レーシック手術をしたのに視力が落ちてきた
メガネやコンタクトレンズが合わない
首・肩がこる
目の奥が痛い感じ
夜の運転が怖い
メガネがしんどい・煩わしい
眼病を指摘されて不安
パソコン作業や仕事の効率が悪くなった
家族みんあ視力が悪い
動作が鈍くなってきた
etc…

目で見る能力視覚機能

両眼視機能の低下 片眼視

  • スマートフォンやパソコン作業により、片眼視になっている
  • 机の作業が多く、平面ばかり見ている

目の運動機能の低下

  • 目を動かさない
  • まばたきをしない

明暗順応力の低下

  • 細かいものを判断できない
  • 暗いところで視力が低下(運転がしづらい)

動体視力の低下

  • 早く動くものが見えない
  • テニスや野球ボールが見えない

脳内視力の低下

  • 瞬間視力の低下
  • 周辺視野の低下
  • 反射神経の低下
  • 周辺視野の低下
  • 記憶力の低下

レーシック手術後の視力低下

レーシック手術をしたのに、見えにくくなった、フレア、グレアが顕著になった矯正視力が合わなくなった、夜が怖い、目が乾くなど数多い不安をもっていらっしゃいます。 手術式は多種あり、予後もそれぞれ異なります。一般的には、手術直後は大変良く見えて、爽快な気分になります。 しかし、稀に、個々の生活形態や矯正度数の程度により見え方が変化し始めます。 いわゆる「レーシック後の近視戻り」という現象です。近視戻りは、個々に異なりますが、5年~10年後以降に発生しやすいと言われています。 年齢関係なく、近くを見ることが多くなった現代では、レーシック後でも、近視が進むこともあり、また、諸説いろいろありますが、眼球内圧が薄くなった角膜が押されて角膜カーブが強くなることによる近視化が発生すると言われています。 <レーシック後の近視戻りに対して> 近視戻りについては、目のトレーニングが基本です。しかし、ビジョンサロンにお越しのレーシック後の視力低下の方の中には、視機能低下が顕著に出る方がおり、それに対しては、両眼視機能改善のトレーニングを強化していきます。 フレア・グレア・ドライアイ・メガネやコンタクトレンズに対しては、保健師・看護師・医師のサポートを受けることができ、お気軽にご相談ください。

ビジョンサロンでの視力回復

目の運動機能トレーニング&脳内視力トレーニング

専門のトレーナーが、少人数制で、お一人お一人の目
の状態を把握しながら、 目の運動機能トレーニングを行います。
片眼視や瞬間視、周辺視野力など視機能改善のトレーニングを行うことで脳内視力の改善にも繋がります。ビジョンサロン独自のトレーニングやグッズを用い、
目のお悩みに対し、適切にアプローチしていきます。

キレイと目の健康を手に入れるヨガビジョン

ヨガビジョンは、中川メソッドの基本的な考えから生まれました。
〈呼吸〉〈姿勢〉〈首・肩こり解消〉〈ビジョンイメージ〉など多くの要素が入ったトレーニング。
オフィスの中でもできるポーズを指導しています。

ビジョンカウンセリング/視力生活提案

専門のセラピストが視力検査と、11項目の視機能検査を行い、お客様の目の状態を多角的にお調べ致します。
生活習慣や目の癖等も確認し、改善に向けて
日常的にできるケア等をご提案いたします。
第一に「ご自分の目の状態を知る」ということから初めてみませんか?

適正化メガネ・コンタクトレンズの作成

中川和宏が考案した視力回復を目的としたメガネが適正化メガネです。視力と視機能を回復させるための最適な処方でメガネやコンタクトレンズをお作り致します。ライフスタイルのあわせた使い方指導も行っております。 ビジョンサロンではクリニックの医師・看護師・保健師のもと、レンズの選択・装着アドバイス・定期検査などを行っています。

アイバランス(ピンホール原理)で
ハッキリ見える視界をご提案

中川和宏が商品化したアイバランス。ピンホール原理で「見える」を体感でき、ピント調節を行う毛様体筋を使わず、楽にものが見えるため目の疲れを緩和。近視・遠視・乱視・老眼・視力に左右差がある方におすすめです。